寝ている時に足がつる原因 病気

寝ている時に足がつる原因は病気にある場合もあります

スポンサーリンク

運動などをしている時に、筋肉の疲労により足がつるということはありますが、夜中、寝ている時に足がつり目が覚めるという経験をしたことがあるという人は意外と多いのではないでしょうか。
実は、寝ている時に足がつる原因の多くは筋肉の疲労にあると言われています。
また、その他にも、偏食やダイエットなどにより、食事の栄養が偏ると、体内のイオンバランスが崩れてしまうため、足がつりやすくなるとも言われています。
さらに、加齢による筋力の低下や持久力の衰えから、運動などをしなくても知らず知らずの内に筋肉が疲労し、結果として寝ている時に足がつる原因となっていることもあります。
足がつる頻度が高くなければそれほど問題視する必要はないでしょう。
スポンサーリンク

問題となるのは、毎晩のように足がつるという場合です。
このような場合には心臓が弱っていることがあります。
また、椎間板ヘルニアなどの病気の症状の1つとして足がつったり、脳梗塞や脳腫瘍、糖尿病などの病気が原因の場合もあります。
足をつる頻度が増えているように感じる場合には、一度医療機関を受診してみたほうが良いでしょう。
もし、足がつってしまったら、収縮している筋肉を伸ばすように、ゆっくりとストレッチをしていきます。
足の力は出来るだけ抜くようにすることがポイントです。
お風呂あがりなど、体が温まっている状態で、マッサージやストレッチをして、筋肉の疲労を和らげておくと良いでしょう。
体の冷えは、血行を悪くする原因となりますので、注意が必要です。
スポンサーリンク