足がつる 原因 対策 太もも

太ももや足がつる原因と対策についての紹介

スポンサーリンク

スポーツなどをしていない時でも太ももや足がつるということがあり、気温が低い冬の時期に発症してしまうことが多いです。
原因として大腿骨と呼ばれる部分が外側にずれたことによって、突然太もも周辺のおいて足がつるといったことが起こります。
これは睡眠中に骨盤がずれてしまったことにより、体に一時的に負担がかかった状態となってしまいます。
その状態で足を変な方向に伸ばしてしまうことによって、突然痛みを感じてしまうことがあります。
特に太もも周辺がつると激痛を感じてしまうため、症状が落ち着くまで安静にすることが重要です。
ですが安静にしていれば自然に治っていくものなので、特に病院を受診して治療を受ける必要がないのが特徴でもあります。
スポンサーリンク

 一般的な太ももや足がつる原因として大腿骨が歪んでしまったことが関係しており、冬の季節に発症することが多いです。
そこで今度はその対策について調べていくと、足がつってしまった部分を中心にストレッチをしていくと良いです。
方法として足をゆっくりと伸ばしていき、そこから少しずつ足全体をマッサージしていきます。
すると少しずつ筋肉のコリが取れていくようになるため、痛みについて時間をかければ緩和させていくことが出来ます。
また水分補給をすることも対策として効果があるので、枕元にお水などを用意しておくのも便利な方法となります。
このように対策をすることによって、太もも周辺の痛みを少しずつ軽減させていくことが可能となっていきます。
スポンサーリンク