足がつる 原因 熱中症

熱中症で足がつる原因についての説明

スポンサーリンク

夏のように気温が高くなると発症率が高くなる病気として、熱中症と呼ばれる目まいや気分が悪くなることがあります。
ですが中には足がつるといった症状を発症することがあり、原因として1つめに水分不足が要因となっています。
熱中症とは体の水分が減少している状態であるため、それが原因となって足がつることがあります。
主に体の水分が減少されることによって負担が大きくなるので、その影響によって足が痛みだすことに繋がっていきます。
具体的には筋肉に必要な酸素量が減少してしまうため、足に痛みが発生する仕組みとなっています。
これが熱中症によって足がつる1つめの原因であり、体全身の水分量が減少することによって痛みを誘発していきます。
スポンサーリンク

 熱中症によって足がつるという症状が発症することがありますが、2つめの原因として体のミネラルが減少することがあります。
理由として人は大量の汗をかくことによって、水分だけでなくミネラルという成分も減少していきます。
ミネラルには筋肉を伸ばしたりする効果がありますが、逆に減少すると足がつってしまうことがあります。
対策としては水分補給をすることになりますが、熱中症の場合にはお水ではなくスポーツドリンクが良いです。
スポーツドリンクにはミネラルも豊富に含まれているので、水分とミネラルを同時に補給することが出来ます。
こういった原因によっても足がつることがありますが、スポーツドリンクを飲むことで予防出来ることが多くなっています。
スポンサーリンク