妊娠中 足がつる 対策予防

妊娠中に足がつる対策予防について

スポンサーリンク

妊娠中に足がつる経験のある人は多いです。
対策予防をしてなるべく起こさないように過ごしてください。
妊娠中に足がつる原因はいくつかあります。
まずお腹の赤ちゃんに優先して血液が流れていたり、赤ちゃんの重さで足や腰に負担がかり、血行が悪くなることがあげられます。
血行が悪いと体が冷えるので、筋肉が固まり、足がつります。
また、赤ちゃんにミネラルや栄養が多く使われているので、お母さんのミネラルや栄養が不足しがちになっています。
筋肉に必要な栄養が不足してしまうため、足がつってしまうのです。
夜寝ているときも、お腹が大きくなると寝返りを打ちにくくなります。
同じ姿勢で寝ていると、やはり血行が悪くなってしまうため、足がつってしまいます。
スポンサーリンク

足がつらないための対策予防としては、まずは血行をよくすることが大事です。
足や腰の露出を避けて、必ず靴下を履いたり、ひざ掛けを持ち歩くなど冷やさないようにします。
腹帯もきつくしめすぎると血行が悪くなるので、腹巻のように温めるつもりで巻きます。
寝るときは締め付けの弱いレッグウォーマーなどがおすすめです。
入浴中に、ふくらはぎやVラインをマッサージしてあげるのも効果的です。
食事もミネラルやカルシウムを意識して取り入れます。
ひじきやワカメなどの海草や、吸収しやすくするために野菜などもバランスよくとる必要があります。
ちなみに生野菜は体を冷やすので、温野菜がいいです。
また、足がつる原因には水分不足もありますが、妊娠中にはむくみの原因になるので、たくさんとる必要はありません。
スポンサーリンク