朝 足がつる 原因

朝に足がつる原因とは

スポンサーリンク

足がつる方原因は、よくミネラル不足などと言われますが、その原因は一つではありません。
筋肉自体の疲労や、冷えなどによる血行不良などが原因であることもあります。
もっとも気をつけなければいけないのは、病気によるものの場合です。
閉塞性動脈硬化症など、血管が詰まっている場合も、足がつることがあります。
この場合は、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こす可能性もあるので、頻繁に足がつる方は医師の診断を受ける必要があります。
カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラルが不足して、筋肉の痙攣を引き起こしている場合は、それを解消することで対処できます。
運動などで大量に汗をかいたり、尿などで排出されることで、体のミネラルは常に失われています。
水分補給をする場合は、水だけでなく、ミネラルを補える飲料をとりましょう。
スポンサーリンク

運動中や、就寝中など、足がつるタイミングは色々ありますが、朝に起こる方も多いようです。
朝に症状が起こる原因は、冷えによる血行不良が考えられます。
冷えといっても冬場だけでなく、夏も冷房などで体が冷えます。
朝につりやすい方は寝る時の服装にも気をつけて、足を冷やさないようにしましょう。
また、寝る前に足のマッサージをしたり、血行をよくすることも有効です。
普段から意識して、ミネラルが十分に摂れるように、バランスのよい食生活を心がけましょう。
食事から十分に摂れない場合は、サプリメントを利用したり、医師に相談して、漢方薬などを服用することもできます。
急な運動は足がつる原因となる場合がありますので、普段から適度に運動して、筋力をつけ、血行をよくするようにしましょう。
スポンサーリンク