足がつるのは何不足

足がつるのは何不足か

スポンサーリンク

足がつるのは何不足かというと、ビタミンB1という栄養素の摂取が不足しているためだと考えられます。
ビタミンB1とは、牛乳や豚肉などに多く含まれている栄養素です。
そして、ビタミンB1の他にもマグネシウムの摂取の不足も理由の一つです。
このマグネシウムはカルシウムやカリウムの働きを活発にするなどの効果があります。
このビタミンB1とマグネシウムの他にも、タウリンという栄養素の不足ということも考えられます。
このタウリンという栄養素は、主に魚などの魚介類から摂ることができ、このタウリンが不足していると筋肉の疲れなどが原因で足をつってしまうことがあります。
足がつるのは栄養が摂れていなく、筋肉が疲れている状態ということになります。
スポンサーリンク

足がつるのは何不足かというと、先程言ったように、ビタミンB1やマグネシウムなどの栄養不足が原因の一つになっています。
そしてこの足がつるのを防ぐためにも、これらの栄養素を適度に摂取していくことが大切です。
ビタミンB1は豚肉や牛乳などから摂取できます。
また、マグネシウムは主にワカメやひじきなどの海藻類からたくさん摂ることができます。
他にもアーモンドなどからも摂取することが可能です。
そしてこのマグネシウムの効果をさらに良くするためにクエン酸やホウ素の含まれている食べ物を食べるとさらに効果的です。
日頃からこのような食べ物が入った食事をすることが足をつらないようにするために重要なことだと言えると思います。
スポンサーリンク