夜 足がつる 原因

夜寝ているときに足がつる原因とは

スポンサーリンク

足がつるという事は、足の筋肉が収縮し痙攣をおこしてしまうという事です。
一度、痙攣をおこし収縮してしまうとしばらく痛みが続きます。
夜間に足がつる原因としては、「水分不足」などがあります。
水分不足というのは、脱水症状の事で汗をかくなどをしてミネラルなどが不足した時に起こりやすくなります。
脱水症状を防ぐ対策としては、寝る前にコップ1杯くらいの水を飲んでから布団に入ると良いです。
水分不足による足がつる現象は主に夏場に見られます。
冷房をつけているからと言って、油断していいわけではなく、冷房をつけていても脱水症状になることもあるので注意が必要です。
また、汗をかくという事でも水分が体内から抜けて行ってしまうため、同様に脱水症状になる危険性があります。
スポンサーリンク

次に主な原因とされているのが、「冷え」です。
夏場ですと、熱帯夜などで冷房をつけっぱなしで寝る方も多いのですが、体が冷えてしまうことで血行不良となり足をつることがあります。
血行不良になってしまうと、血液が行き届かなくなり、結果的に筋肉収縮が起きてしまうのです。
冬も同じで、暖房をつけずに寝てしまうと冷えてしまい筋肉収縮をおこす場合があります。
これらを防ぐには、きちんと布団をかぶせて寝ることです。
これで、冷えを防ぐことができます。
また、そのほかにも病気という可能性もあります。
数か月に1回程度であれば、特に気にすることはありませんが、頻繁に足をつってしまうという場合には、一度医療機関を受診して詳しい検査をしてみると良いです。
スポンサーリンク