足がつりやすいのはなぜ

足がつりやすいのはなぜか

スポンサーリンク

足がつりやすいのはなぜかというと、主に栄養不足ということが考えられます。
その栄養には、ビタミンB1やマグネシウム、タウリンな度があります。
ビタミンB1は豚肉や牛乳、卵などから摂取することができます。
また、マグネシウムはかぼちゃやしらすなどから、タウリンは魚やイカなどの魚介類から摂取することができます。
これらの栄養が不足していると、筋肉が疲れ、血行なども悪くなってしまいます。
これが足をつる原因だとも言えます。
普段の食事から、このビタミンB1やマグネシウム、タウリンなどの栄養素含まれている食べ物を食べることで、足をつることを防ぐことにつながります。
まず健康に良い食事をする生活をすることが大切です。
スポンサーリンク

足がつりやすいのはなぜかというのは、栄養不足の他にもいくつかの理由があります。
その一つに、体がかたいということもあります。
体がかたいと足をつりやすく、無理な体勢をとると、体のかたさから、すぐに足をつってしまうことがあります。
これを予防するためにも、普段からストレッチなどをして、体を柔らかくしておくと、足をつることが少なくなると思います。
また、睡眠不足などの疲れも足をつってしまうことと関係があります。
体が疲れていると筋肉も疲れ、健康な状態の時よりも足をつりやすくなってしまうので、規則正しい生活をし、体を柔らかくすることでも足をつることを防ぐことができると思います。
これらこことを継続していくことが大切です。
スポンサーリンク