足がつる 原因 酒

お酒を飲むことによって足がつる原因とは何か

スポンサーリンク

仕事上の付き合いなどで飲み会に参加した場合において、必然的に飲酒をする機会についても多くなってしまうことがあります。
ですがこれによっても足がつることがあるため、その原因についてどんな仕組みとなっているか調べていきます。
人はアルコールを体内に摂取することによって、尿として排出する際にミネラルも同時に出ていってしまいます。
人の体内でミネラルが不足することによって、筋肉を動かす機能が低下してしまうことになります。
それによって足がつるといった痛みを感じることがあり、一時的に日常生活に支障をきたしてしまいます。
これが飲酒することによる影響となっており、体内のミネラルが失われていくことが大きく関係しています。
スポンサーリンク

 一般的にお酒を飲むと足がつる原因としてミネラルが排出されることであり、必要以上に飲むことが禁止事項となっています。
お酒の種類については特に関係はなく、ビールやワインなどであっても基本的に足がつりやすくなります。
ですがこれは多く飲み過ぎてしまった場合によるものなので、少量であれば足がつってしまうこともないです。
あくまで飲み過ぎてしまった時において、足がつるといった症状を誘発してしまうきっかけになります。
原因についてはそれだけでなく、アルコールには利尿作用というが働くため尿を排出しやすくなってしまいます。
なので必要以上に飲むことを控える工夫をすれば、お酒を飲んでも足がつりにくくなる可能性があります。
スポンサーリンク