足がつる 漢方 ツムラ

足がつる人はツムラの漢方で改善を

スポンサーリンク

足がつる原因はいろいろあります。
若いときでしたら、プールで泳いでいるときに、突然足がつって、痛い思いをすることがありますが、これは筋肉の使いすぎによる筋肉疲労が原因のようです。
ですから、あまり歩きすぎも足がつる原因となります。
問題なのはなにもしていないのに、足がつる時です。
これは筋肉の動きを調整しているミネラル不足で起こることがあります。
カルシュウムなどのミネラルが筋肉の動きの調整をしているのではないかといわれていますので、このミネラルの不足が血液中で増えると筋肉の痙攣ということを起こすのではないかといわれています。
そして、もう一つの原因が加齢による筋肉量の減少や、血行不良によるものです。
寝ているときにおきたりすることが多いです。
スポンサーリンク

年をとると筋肉量も減りますし、足が冷えることで、血行不良が起こり、温度調節機能も低下しますので、これにより、筋肉の伸び縮みの制御が難しくなって、つるということが起こります。
夜寝ているときに起こることが多いです。
中には、椎間板ヘルニアや、糖尿病、動脈硬化などもつる原因となることがありますので、単純に足がつっただけではすまされないこともありますので、足がつることはなにかの病気の前触れであったり、健康のバロメーターとして考えた方がいいです。
足がつったときによく効く薬として紹介されるのが、ツムラの漢方芍薬甘草湯エキスです。
こちらは急激に起こった症状に処方されるものです。
こうしたツムラの漢方などで痛みを緩和しながら、筋肉をつけたり、血行をよくしたりして、予防をしましょう。
スポンサーリンク