スポーツの後 足がつる 防ぐ

スポーツの後に足がつるのを防ぐ秘訣

スポンサーリンク

スポーツの後に足がつるというのは、あまり準備体操をしないで急に動いて、筋肉の収縮と緩急のバランスが崩れたためです。

 

その他の原因として、体の中のミネラルが関係していて、マグネシムムやカルシウムなどのミネラル不足によって起こりやすくなります。運動中には発汗によってミネラル分が蒸発しやすいので足がつりやすくなるのです。

 

では、未然に足がつるのを防ぐための秘訣をお伝えします。

 

それは、ふくらはぎを常に揉むということです。ふくらはぎというのは、第二の心臓と呼ばれており非常に重要な役割を果たしています。心臓から送りだされた血液は重力の関係で、血液の約70%は下半身に溜まると言われています。筋力がない女性は下半身から血液を戻すことが難しく、足がむくむのです。

スポンサーリンク

足がつるのを防ぐのも同じ原理です。血液は酸素と同時に栄養分も運んでいます。つまり、血液の流れが悪くなると足もつりやすいのです。

 

ふくらはぎを揉めば全身に血液を送ることができ、肩こりや腰痛、肌のつや、うつ病に認知症、なんでも効果があるのです。

 

驚きです。ダイエット効果もあるので試してみてください。それではまずは自分のふくらはぎの状態をチェックしましょう。手のひらより冷たいようでは、不健康なふくらはぎです。あとは、触ってみて硬くないですか?健康なふくらはぎはやわらかく。弾力があり温かいです。

 

では、マッサージの方法です。アキレス腱からひざ裏に向かって血液を上に押し戻す感じで揉んでいきます。揉む強さとしては、少し痛いけど気持ちい位がベストです。

 

ぜひ、この方法を習慣にして健康な体を手に入れて下さい。

スポンサーリンク