寝てる時に足がつる ふくらはぎ

寝てる時に足がつる場合、特にふくらはぎがつった時の対処法

スポンサーリンク

寝てる時に足、特にふくらはぎをつってしまう時があります。
この事をこむら返りといいますが、症状としてふくらはぎの筋肉が急激に収縮して足がつってしまい痛みを感じます。
なぜ就寝時などの夜に起こるかというと、筋肉が疲労しているからです。
疲労時に過度の刺激によって筋肉が収縮する事によって、寝てる時に足がつるのです。
この筋肉の疲労は、運動によって引き起こされるとは限らず、日常生活の中でも疲れが溜まっている可能性が大いにあります。
また、発汗や冷えによる血流の低下も原因として考えられます。
血流低下は筋肉を収縮させます。
寝ている間は特に血流が低下しやすいため、寝てる時に足がつるという事が稀に起きるのです。
夏場のエアコンは涼しいですが、体が冷えてしまい血流低下する恐れがあるので注意が必要です。
睡眠中につると、何度も繰り返してしまう可能性があるので、つらないよう対策をするべきです。
スポンサーリンク

それでは、つってしまった場合どのように対処するべきなのでしょうか。
もし寝てる時に足がつるという事態になったら、まずつった足のつま先を足裏を反らせるようにゆっくりと伸ばします。
勢いよく伸ばすと反対に痛めてしまうかもしれないので注意が必要です。
肉離れを引き起こす可能性もあります。
予防策としては、筋肉を揉みほぐすことです。
スポーツをした後や就寝時、起床時にストレッチを行うことで予防することが出来ます。
また、体力回復をするためにビタミンB1などの栄養素を摂取することも予防策になります。
ビタミンB1を多く含む食材の例として、タコやイカなどの甲殻類があります。
食生活も見直すことで、足がつらない体づくりをすることができます。
血流低下を防ぐためには、大量の汗をかいたらミネラルウォーターを飲み、冷房の風は直接当たらないよう気をつけることが大切です。
スポンサーリンク