妊婦 足がつる 予防

妊婦さんが足がつるのを予防する

スポンサーリンク

妊婦さんは、つわりや切迫早産など出産までの10ヶ月いろいろ不安がついてまわります。
そのなかで足がつるというのもあります。
ただでさえおなかが苦しくてつらい状況にもかかわらず、寝てると足がつって寝れなくなるということで妊婦生活がつらく感じることもあります。
予防をしないといけないのですが、赤ちゃんに栄養を取られてしまってなかなか予防につながることができないままでいるのが現状です。
妊婦さんの足がつる原因は、妊婦さんになって運動不足なることによって血行が悪くなるのが原因です。
足が冷えてしまうので、足の筋力が硬直してしまって足がつるということになります。
あと、栄養素が赤ちゃんに取られてしまうので栄養不足によって足がつることになってしまいます。
スポンサーリンク

妊娠後期と言われる7ヶ月、8ヶ月、9ヶ月になってからは特にひどく、骨盤、腹筋、背筋に負担かけることに姿勢もおかしくなってしまいます。
それらの筋肉に間接的につながってる足の筋肉が影響をうけて足がつるということなってしまいます。
予防としては1つは骨盤をしめて正しくさせる方法です。
妊娠すると骨盤は広がってくるので効果的です。
あとは体が冷えないように温かい食事もして、寝てるときも靴下を履くなど足を冷やさないようにするのがいいでしょう。
ちゃんと予防をしててもなることはあるかもしれません。
しかし、神経質になってしまうと赤ちゃんにも悪い影響を与えてしまいますので、あまり深く考えないようにストレスないようにすごしてあげてほしいものです。
スポンサーリンク