足がつる 夜中 原因 夏

夏の夜中に起こりやすい足がつる原因と対策

スポンサーリンク

普段は足がつることなどあまりないのに、夏になると夜中に突然足がつり、朝起きた時にも痛みが残っているという症状に悩まされる人が多いようです。
しかし、季節を通して同じような生活習慣をお送っているのに、どうして夏にだけ症状が現れやすくなるのでしょう。
また、昼間ではなく、夜中に起こりやすいのは、どのような理由があるのでしょうか。
足がつる原因は、大きく分けると肉体疲労と栄養不足の2つに分けられます。
最も伊パン的な原因である肉体疲労では、水分不足、電解質の不足、急激な温度変化、伝達系の機能の変化など、いくつもの要因が重なって起こるほか、体内の消化能力が低下し、タンパク質が効率よく吸収されていないことも考えられます。
スポンサーリンク

夏は汗をかきやすく、脱水症状に陥りやすくなります。
特に夜中は寝ているため、水分の補給ができないので、電解質のバランスが壊れやすくなるのです。
そのため、足がつりやすくなると言われています。
また、夏は湯船につからず、シャワーだけで済ませてしまうことが多いので、体の芯から温まることができず、筋肉がほぐれないことが原因だともされています。
そのほか、冷房をつけっぱなしで寝ることも、体を冷やし筋肉を硬直させる原因となります。
夜中に足がつらないようにする対策としては、就寝前にストレッチをして足の筋肉をほぐしたり、温かい飲み物を飲んで体を温めるとよいでしょう。
大きな病気のサインの場合もあるので、あまりにもひどいときは、病院で診てもらうのがベストです。
スポンサーリンク