足がつる 原因 対策 予防 食べ物

足がつる原因と対策 食べ物で予防する

スポンサーリンク

足がつる原因は、筋肉疲労、水分不足、電解質不足、ミネラル不足、寒暖の急激な変化、神経系の伝達機能低下などがあります。
筋肉疲労の他は食べ物による予防対策が有効です。
筋肉疲労については、運動をほとんどしない人が普段とは異なる筋肉の動かし方をし、通常使っていない筋肉に急激に刺激を与えると足がつりやすくなります。
また、血行不良による筋肉の収縮が原因で、足がつることもあります。
筋肉疲労によるつりの予防対策としては急激に運動せず、ストレッチなどで筋肉を十分に伸ばしてから運動を行う、普段から湯船につかる習慣を持ち、足を冷やさないようにすることなどが有効です。
つってしまった後の対策としてはつっている(縮んでいる)筋肉をあたためながら、ゆっくりと伸ばすようにしましょう。
つっている部分の筋繊維が傷ついていることもあるので、その部分だけでなく、足全体など周辺部を中心にマッサージし血行を促すという手もあります。
スポンサーリンク

栄養不足により足がつる場合は「水分補給、ミネラル、クエン酸、電解質」がキーワードになります。
食べ物としては、バナナ(カリウムという筋肉を調整するミネラルが豊富)、トマト(バナナと同様、ジュースでも可)、納豆や豆腐、アーモンド(筋肉をゆるめるマグネシウムというミネラルが豊富)、イカ、タコ、貝類(筋肉疲労をおさえるタウリンというアミノ酸が豊富)、レバー、卵(神経に良いビタミンB1が豊富)が有効とされています。
これらを普段から摂取し、バランスの良い食事を心がけることで足のつりの予防となります。
さらに、スポーツ時や夏場の汗をかきやすい時、授乳中の人は水分補給に「スポーツドリンク」を活用すると良いです。
「スポーツドリンク」を水で割って飲むと甘さも気にならず、飲みやすいです。
スポンサーリンク